第4回 憲法未来研究会 シンポジウム

テーマ

『シュタイナーから考える憲法と社会の未来』

趣旨

シュタイナーといえばシュタイナー教育で有名ですが、シュタイナーは自らの生きた社会を語っています。「労働が商品化により人間が歪められている」「人の精神性が軽視されている」「新たな帝国主義の登場」などの批判は現代社会にも通じます。また、シュタイナーの思想は近年話題になっているベーシックインカムにも流れていると言われます。

社会が目まぐるしく変わっていく中で、人間が人間らしく生きられる社会の未来はどのような形をしているのでしょうか。その時に憲法には、どのような役割が求められるのでしょうか。今回は、シュタイナー研究家の今井重孝氏を招いて、シュタイナーの視点から憲法と社会の未来について皆さんと考え、話していきたいと思います。

概要

日時 2017年10月21日(土)13:30 ~ 17:00
会場 アカデミー文京 学習室B1F(後楽園駅・春日駅・水道橋駅)
>> 会場アクセスはこちら
参加人数 50名まで
参加方法 こちらのフォームから申し込みください。
>> 参加フォーム
参加費
一般:1,000円
龍馬プロジェクト会員:500円
学生:500円

タイムテーブル

時間 内容
13:30 ~ 14:00 開場
14:00 ~ 15:20 今井重孝氏の講演
15:20 ~ 15:30 質疑応答
15:30 ~ 15:40 休憩
15:40 ~ 16:00 桐山洋平氏の話(意見交換会のテーマ設定など)
16:00 ~ 17:00 意見交換会

今井重孝氏のプロフィール

今井重孝(いまいしげたか)
1948年生、東京大学教育学部卒。教育学博士。
1979年〜1981年西ドイツ政府留学生としてボン大学留学。
藤野のシュタイナー学園評議員、シュタイナー学校協会専門会員。
研究:ルドルフ・シュタイナーの社会論を中心に進めている。
シュタイナー著、今井重孝訳『社会問題としての教育問題―自由と平等の矛盾を友愛で解く社会・教育論』(イザラ書房)
単著に『“シュタイナー”「自由の哲学」入門』(イザラ書房)
共著に『死生学第三巻 ライフサイクルと死』(東京大学出版会)など。

桐山洋平氏のプロフィール

桐山洋平(きりやまようへい)
1991年東京生まれ。八王子育ち。
大学生時代の2011年に中東のシリアへ訪問した際にデモを目の当たりにし、政治に関心を持ち始める。2016年から憲法に関心を持ち始め、世界の憲法や日本の憲法に関連する歴史を独学で勉強し始める。2016年8月に会社を退職後、フリーランスのWEBエンジニアとして働きながら、憲法の勉強を続ける。2017年2月11日に「桐山憲法草案」を発表する。2017年4月に「憲法未来研究会」を立ち上げる。現在は、九州の月刊誌「フォーNET」で憲法に関する記事を寄稿し、全国で憲法に関連したイベントや勉強会を共催・開催している。

主催

憲法未来研究会

問い合わせ先

憲法未来研究会事務局
kenpou.mirai@gmail.com